と学会が三越に進出!!
「と学会がやってくる! 新たなる知と痴の地平へ」

UFO、予言、超古代史、陰謀説…。「トンデモ」とは想像を絶する世界観とパワー を秘めた本や現象のことです。ジャンルを問わず「トンデモ」を追求する読書集 団『と学会』の運営委員3人が、その楽しみとぬかるみを語ります。

日時
(1)2006年11月5日(日)「超能力番組のウソを暴け!」
(2)2007年1月14日(日)「還暦記念・UFO60年史」
(3)2007年2月11日(日)「三丁目の円盤〜高度経済成長時代とUFO」
各日14時〜16時
場所:日本橋三越本店 新館9階 三越カルチャーサロン

東京メトロ  銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩1分  銀座線・東西線「日本橋」駅(B11出口)より徒歩5分 都営地下鉄  浅草線「日本橋」駅より徒歩5分 JR  新日本橋駅より徒歩7分  東京駅(日本橋口)より徒歩10分

講師:第一回 山本 弘、第二回 皆神 龍太郎、第三回 唐沢 俊一
参加費:各回2,415円(カルチャーサロンの入会金は不要です)

講座内容

第一回「超能力番組の楽しみ方」
超能力者が行方不明者を探す番組。よく見れば実はウソだらけ。TVはどんなふう に視聴者を欺いているのか、ビデオを見ながら検証してゆく。過去の様々な超能力番 組で、トリックの決定的瞬間が画面に映った瞬間なども紹介。超能力番組の正しい楽 しみ方を伝授する。

第二回「還暦記念・UFO60年史」
「空飛ぶ円盤」ということばが、この世に生まれたのは1947年のこと。今年でちょうど60周年を迎えます。 60年立っても、一向にその謎が解けないUFOとは一体何者なのか? これまで起きたUFO事件や、UFO研究史を振り返ることで、改めて、UFOの謎に迫ります。

第三回「三丁目の円盤〜高度経済成長時代とUFO」
日本に東京タワーが出来かけていた頃、日本では第一次UFOブームが起きていた。“空飛ぶ円盤”とUFOが呼ばれていた時代、三島由紀夫も石原慎太郎も、円盤マニアとして空を見上げていた! 高度経済成長と冷戦が日本にもたらした円盤ブームの、意外な史実を探ってみよう。

お申し込みは
TEL 03-3274-8595 カルチャーサロン(午前10時〜午後7時)まで (インターネットでの申込は行っておりません) http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/culture/lesson_oneday3.html